ストレッチ性は重要

作業服ストレッチ素材は作業服にもよく使われています。特に、ズボンなどに使われていると、非常に動きやすいです。伸縮性に富んでいるので、膝を曲げたり、伸ばしたりするのにストレスを感じることがありません。ゴムのような伸縮性のある素材は、作業をスムーズにしてくれるのです。

また、ストレッチ素材には温度や湿度などの変化に強いというメリットがあります。外で作業をしたり、温度差の激しい環境で仕事をしたりする人にとっては、頑丈なストレッチ素材の作業服が必要です。

ストレッチ素材の作業服は、体の動きに合わせて伸縮するので、作業がしやすいです。伸び縮みしない服を着ていると、そのせいで無理な姿勢で仕事をしなければならず、それだけでもストレスになったり、体が疲れてしまったりします。ズボンだけなく、肩回りも自由に動かせるストレッチ素材の作業服を着ることは、スムーズにストレスなく仕事をするうえで大切なことです。

また、ストレッチ素材の服は体にフィットしやすく、スタイリッシュなデザインも楽しめます。仕事をしているときでも、おしゃれに過ごしたいという人も多いので、ストレッチ素材の作業服は、動きやすいという理由だけでなく、デザイン性においても人気があります。

関連サイト・・・ストレッチ素材の作業服_ユニフォームタウン

 

ストレッチ素材とは?

ストレッチ素材作業服にはストレッチ性のある素材をよく使っています。ストレッチ性とは、伸縮性や弾力性が高く、体を動かしやすいことです。ストレッチ素材というものはないのですが、ストレッチ性のある素材というものには、どういったものがあるのでしょうか?

ストレッチ素材によく使用されるものが、ポリウレタン弾性繊維です。スパンデックスとも言います。伸縮性能が非常に高く、ほかの繊維と組み合わせて、少量使うだけでも、自在に伸縮可能です。作業服のほか、インナーやスポーツウェアなどにも使われています。ポリウレタンには、ゴムよりも劣化しにくく、染色もできるため、衣服などに使いやすいのも特徴です。

ポリウレタン繊維はさまざまな方法で使われています。一般的な衣類で使用している方法としては、ポリウレタン繊維を芯にして、他の繊維をコイル状に巻きつける方法があります。1度巻き、2度巻きなどがあります。ニットなどの編み込みには、ポリウレタン繊維の芯に原線維を巻きつけ、紡績します。何より伸縮性に富んでいるのは、ポリウレタン繊維をそのまま糸として使用することです。体にフィットするTシャツなどに使われていることが多く、カットソーなどにも使用されています。